データ分析やAIのビジネスへの活用をはかるための前提となる考え方

1996年頃からインターネットが一般的に使われるようになり、10年後ぐらいには中小企業も自社サイトや通販サイトをもつことが普通になりました。
同じように、現状一部の大企業や研究でしか行われていないデータ分析やAIの活用も一般的になっていくと考えられますが、インターネット以上のスピードで今後数年以内には当たり前になっていくのではないかと感じています。
というのは、今後、日本が人口減社会の中に突入し、益々生産性の向上がキーになっていきますが、そのためには、データに基づいたファクトベースの意思決定に取り組んでいくことが必要となるからです。

企業の意思決定は非常に難しいです。「正しい」意思決定ってどうすれば良いのだ?と私も常に考えていますが、一つの答えは事実や分析に基づく意思決定を行うことです。
そして、ITシステムは、本来はよりよい決定を効率よく下すために開発されるものという一面があると思いますが、そのために必要な分析というのは思ったよりもきちんと行われていないというのが現実です。
その理由としては、データ分析がきちんと行える人材がいないということもあるでしょうが、結局、経験や勘によって事業を行うことを良しとしていることが大きいのではないかと思ってます。

ただ、あくまでも意思決定は、人が熟慮した上で決定すべきであり、データ分析はそのスピードを高めるものに過ぎません。
「定量分析など科学的な手法と推論や想像力などアート的な手法を上手にバランスさせること」が重要だと考えています。

よい意思決定に必要なのは、分析だけではない。重大な意思決定をするときは、あらゆる手段を行使すべきである。データと分析のほかに、経験や、勘や、他人の知恵も、総動員する方がいい。ときにはそれぞれが衝突することもあるだろう。分析結果が直感や常識に反するときもあるだろう。そのような場合には、矛盾するものを無視するのではなく、それを踏まえてデータをもう一度見直したり、過去の経験に影響されすぎていないか、考え直したりすることが大切である。

これからの新たにシステムを構築する場合には、最初からデータ解析やAIの活用を前提としたデータの取得や蓄積を組み込んでおくべきではないでしょうか?
また、既存のシステムへのデータの取得や蓄積機能の追加も必要になると思います。
弊社ではこのようなデータの利活用に向けた、情報システム構築支援を行っていきます。

一部の内容は以下の本から引用させていただきました。

分析力を駆使する企業 発展の五段階
トーマス・H・ダベンポート
日経BP社
2011-05-26

コメントを残す