クラウド化によってシステムを使う側の能力もより必要となる

以前はずっと一次受けの立場にいたので、IT土方と言われる日本のSIの構造についてあまりよくわかっていなかったんですが、ここ数年二次受け以降の立場で関わっていると、「SIビジネスそのものが本質的な問題を抱えている」ということが実感できるようになりました。

10年以上もSIビジネスに関わってきて、色々と立場は変わっていますが、企業向けSIの方法論って根本的には何も変わってないような気がします。
こういうやり方に嫌気がさしてユーザへ転職するという流れがあると思ってます。

クラウド化によって工数は減ります。
ハードウェアの設定部分の工数が、クラウドを利用することや自動化により不要になる可能性は大いにあります。
さらに出来合いのものを使うことで、開発工数はある程度減らせたりすることもできます。

工数が減るというのは、つまりユーザからみたコストが減るということです。
システムを自社で作る場合、これまでは最初に高いハードを買ったり、毎月SIerに運用費を払ったりと固定に近い費用がかかってましたが、クラウドにすることによって「使った分、必要な分」だけ払うという変動費に似た払い方に変わります。
経営者という立場でみると、事業の変化にあわせて流動的に変更できることは大きいと思います。

一方で、コモディティー化も進んでいると思います。
競争優位がちょっとしたビジネスモデルの違いになってきているので、コアな部分以外の共通的なものについては、クラウドを利用したりBPOが進んでいるということだと思います。
(人事とか経理とか)どこの会社も共通な部分が多い業務に利用するのであれば、工数削減度合いはかなり上がりますし、現に弊社でも人事や経理はクラウドサービスを使うことで専任の人は不要です。

そのため、業務をシステムにあわせるという考え方が今後は必要だと思ってますが、これがなかなか難しいですね。
以前はIT=便利、有効といった感じでしたが、ますます経営=ITになってきていますので、システムを使う側の能力も高くないと生き残れなくなっていきます。

弊社ではここのサポートをうまくやっていきたいと思っています。